意外と身近な司法書士

ドラマで司法書士の世界が描かれたりCMで司法書士の事が言われたりと司法書士という職業の認知度は少しずつ上がってきていると思います。
ただ、実際の仕事内容などはまだまだ知らない方が多いのではないでしょうか。

ここでは少し司法書士が具体的にどのような仕事をしているか書いていきたいと思います。
司法書士は依頼を受けて裁判所・検察庁や法務局に提出する書類を作成したり登記や供託に関する手続き代行を行います。

業務内容は多くありますが不動産と商業登記が多く占めています。
不動産登記は大切な財産を守るため土地所有者や担保権などの権利関係を登記簿に公表することです。

売買される方は売買物件の確認、抵当権の抹消や住宅ローンを実行した事の確認し当事者双方から登記手続きの依頼を受けて登記の申請を行います。
その他の相続でもスムーズに行う事ようにサポートを行います。

次に商業登記です。
株式会社や有限会社は商号や資本金、役員等の法定事項を登記簿に記載する必要があります。

このような登記の代行も司法書士を行ったり会社定款の内容に関してもアドバイスを行えます。
他にも成年後見制度というものもあり高齢者や障害を持った方を狙った悪徳商法に対して契約者に代わり契約解除を行うこともできます。

司法書士の仕事はこのように多岐に渡り今ではなくてはならない存在となっています。
皆様も一度司法書士について色々調べてみてはいかがでしょうか。

皆様のお力になれることがあるかもしれませんよ。

司法書士といわれても、どんなことを仕事としている職業なのかわからないという人は少なくないと思います。
その無関心の根源には、自分の生活にはあまり関わりのないものだとの考えがあるのではないでしょうか。

司法書士が法律関係のことを司っているということは、名前の雰囲気からなんとなく知ることができますね。
事実司法書士は、身近な法律家とも言える存在です。

例えばマイホームを購入するときに家や土地を購入すると、建物や土地の不動産登記というものを行うことになります。
不動産登記は自分が所有している財産を国のデータベースに登録することで、これにより税金などの様々な管理が行われるようになります。

司法書士は、その不動産登記に一役買ってくれるものです。
司法書士は裁判や借金など、自分では解決できない重大なトラブルを抱えてしまったときに、とても頼りになる専門家です。

しかしそれだけではなく、住んだり働いたりといった身近なところでも、力を借りることのできる職業でもあります。
司法書士の仕事を知り、もっと密接な付き合いを行っていくことで、日々の暮らしをもっと快適なものに変えることができるでしょう。

知らないということはもったいないことでもあります。
いざというとき頼りになる法律のアドバイザーの情報を、もっと積極的に求めていきましょう。

意外にも多彩な司法書士のお仕事

司法書士と聞いただけでは一体どのようなお仕事をしているのか、説明できる方は少ないことでしょう。
ここでは司法書士の主な仕事内容について紹介します。

まずは不動産登記です。
不動産の権利についての情報を登記簿に掲載、申請手続きを代行します。

相続についても相続登記を行います。
特に相続においてはアドバイスも行い、円滑に手続きが済むようにサポートする役目も担います。

続いては商業登記です。
新たに会社やNPO法人などを設立する際の登記を代行してくれます。

そして供託手続き、こちらも相談を含めて代行を行います。
さらに簡易裁判所における代理や裁判事務。

弁護士の役目のような気がするでしょうが、訴訟額140万円以下のものであれば司法書士による弁護活動を行えることとなっております。
最後は成年後見制度です。

近年司法書士の仕事で注目されているもので、高齢者や認知症や障害などでしっかりとした判断が出来ない方の代行を務め、契約者の変わりに契約解除を行うというものです。
このように、司法書士のお仕事は多彩であることがわかるかと思います。

特に近年はその役割にも注目度が増しており、依頼数も増えているのです。
一般の方々にとってはわかりにくい手続きは、代行してくれる司法書士にお願いすると良いでしょう。

家が代々相談する司法書士

我が家には、親の代から土地関係や遺産相続の問題などを相談して片付けてもらう、司法書士さんがおられます。
お互いに親の代からの付き合いなので、家族のことは大体知っているのです。

「司法書士は街の法律屋さん」といいますが、ちょっとした疑問などは気軽に聞けます。
主に、土地の売買や登記の時に依頼しますが、家の家族構成や事情を知っていて一番助かるのは、遺産相続の時です。

家族構成や、親の人柄、家族間の事情が分かっていると、司法書士さんも、起こりがちな問題点も把握できます。
遺産相続手続きでは、税理士の仕事も必要になりますが、司法書士さんと連携して仕事をしている税理士さんも紹介してもらえるので安心です。

また、相続で、家土地の売買が必要になった場合には、司法書士さんには普段から仕事上で、不動産屋や大手の建築会社など、仕事上の付き合いがあるので、売買の口をあたってもらえます。
一般の不動産屋に頼んで、広告を出してもらうより、馴染みの司法書士さんに頼む方がずっと早く、買主、売主が見つかったりします。

売買の土地の相場や、値段交渉の交渉にも入ってくれますし、分かりにくい不動産売買の世界のことを知らなくても、リスク少なく売買に取り組めます。
逆に、代々の家を知っているから、司法書士さんも、安心して間にたつことができます。

かかりつけの司法書士は必要です。